見積もりの注意点

煩わしい税金関係の手続きについて、記帳代行などを税理士へ依頼するケースもあります。会社設立から社員数が少なくなると、どうしてもアウトソーシングとして税理士に依頼しなければなりません。そこで事前に税理士が提案する見積もりをチェックして、本当に適しているか判断しなければなりません。

見積もりを出す時に注意しなければならないのが、依頼する際に記帳代行を頼むかどうかです。記帳代行というのは主に領収書もしくは請求書といった書類を、会計ソフトへパソコンを利用して入力する仕事になります。これが税理士の料金体系を大きく変化させていきます。アウトソーシングならば決まった内容となっていますが、迷う時は顧問契約の場合と見積って比較しなければなりません。記帳代行を全く対応しない税理士もいますので、注意しながら相談するようにしましょう。

とりわけ税理士の料金体系をみていくと、訪問回数や売上高で変わっていくケースが多いです。相談するために訪問回数を増やしてしまうと、料金が割高になることがあります。売上高も変化すると、金額の大きさで料金を変えることがあります。コスト面などを考えていきながら、税理士へ相談していくようにしましょう。

Published by admin